プラセンタ療法

プラセンタとは日本語で「胎盤」を意味します。プラセンタは受精卵を約10ヶ月で60兆個の細胞まで増殖させていくと同時に、各種臓器や器官を作り上げていきます。そのためプラセンタには様々な活性物質が総合的に含まれています。
3大栄養素である「タンパク質・脂質・糖質」はもちろんのこと「ミネラル・ビタミン・酸素」などの生命維持に必要なものを多く含んでいるため、体の弱った部分の細胞を活性化して本来の健康な状態に戻す手助けをしてくれます。
効能として、@免疫力の強化A炎症の抑制B血行を良くするC代謝の改善D自然治癒力を高めるE自律神経のバランスを整えるなどの作用が上げられ、また美容的にもお肌のハリ・つや・シミ・しわ改善などのアンチエイジングにも大きな効果があるとされています。
当クリニックではサプリメントのご紹介もさせて頂いておりますが、皮下注射により更に効能を高め、即効性を感じることができると、来院される方々より高い評判を頂いております。
今まで治療効果が感じられない方や、慢性疲労・生理不順・肩こり・腰痛・肌荒れ・更年期障害・うつ・肝炎・胃腸虚弱・不眠症・眼精疲労等の悩みをお持ちの方は、一度お試し頂ければその効果を大きく実感できることでしょう。

リーフレットをご覧下さい。

プラセンタの良く効く病気

内科 頭痛・口内炎・気管支炎・喘息・胃弱・食欲不振・便秘・肝炎・肝硬変・パーキンソン病・るいそう・胃炎・糖尿病・ネフローゼ・高血圧・狭心症・貧血・十二指腸潰瘍
整形外科 肩こり・むちうち・五十肩・腰痛・ひざ痛・筋肉痛・リウマチ・関節痛・神経痛
婦人科 更年期障害・乳汁分泌不全・生理痛・生理不順・無月経・不妊症・冷え性・子宮筋腫
皮膚科 アトピー性皮膚炎・肌あれ・しみ・乾燥肌・脱毛症・皮膚潰瘍・白斑
神経科・精神科 自律神経失調症・うつ病・不眠症・拒食症・てんかん
泌尿器科 前立腺肥大・夜尿症・性欲低下・膀胱炎・尿道炎
眼科 アレルギー性結膜炎・眼精疲労・視力低下・緑内障・角膜炎
耳鼻科 アレルギー性鼻炎・耳鳴り・めまい・難聴・メニエール病・臭覚低下・花粉症
歯科・口腔科 歯槽膿漏・味覚低下・口内炎・舌炎・歯周病

プラセンタQ&A

初めてでも行ったらすぐ注射を打ってくれるのですか?

もちろん診察を致しますが必要と判断した場合にお勧め致します。また初診時でも特別な検査を必要としませんのですぐに注射することができます。

どのぐらいの量を注射するのですか?

症状に応じて1または2アンプル(1アンプルは2mリットル程度)を注射される方が多いです。毎週継続的に打つことで効果を上げられますが、初めの1ヶ月は週2〜3回注射していただくと更に効果的です。

インフルエンザ予防にもなるのですか?

免疫力を強化し自然治癒力を高める効果がありますので、インフルエンザ等のウィルス性疾病に掛かりにくくなる効果は期待されておりますが、インフルエンザ予防接種と併用して頂くことが望ましいと思われます。

動物の胎盤を使用していると聞きましたが問題ないのでしょうか?

出回っているほとんどのプラセンタサプリメントは豚か馬の胎盤から抽出されたもののようです。当クリニックで使用する注射用アンプルは人間の胎盤から抽出されたもので安心してお使い頂けます。

副作用はありませんか?

全国的に見れば、まれにアレルギー反応を起こす方がおられるようですが、わずかな反応であり大きな問題になったとの報告はありません。医療品ですので滅菌処理されておりますので安心してご利用頂けます。

使用した方の評判はどうですか?

現在、定期的に注射を受けておられる方の92%はプラセンタの効果を実感されているとの報告を受けています。また長い間ひざの痛みで治療を受けていた方が、「プラセンタを注射するようになってから痛みが消えた」とお話をされており、効果の高さを感じ継続的に注射をされる方が増加しております。

美容にも効果があるのですか?

お肌のハリ・つや・シミ・しわ改善やバストアップなどのアンチエイジング効果があるとして、化粧品にも配合されているほど話題を呼んでいますが、ネット販売等では材料の信頼性や含まれる量が少量だったりと不満の声もあるようです。当クリニックでは医院長が選んだ信頼のおけるものだけを使用しておりますので安心してご利用下さい。

保険は適用されますか?

治療と判断されるものには保険が適用されますが、現在は残念ながら全てのものに適用されるわけではありません。当クリニックでは安価で提供できるよう努力しておりますので、まずは電話連絡によりご相談頂けるようお願い致します。

リーフレットをご覧下さい。